黄精飴本舗長沢屋

  • room盛岡市神明町2-9
  • local_phone019-622-5887

「黄精飴」とは藩政時代から伝わる伝統菓子。アマドコロという野草のエキスを使った求肥菓子で、モチモチした食感と、甘さの中に微かな野草の風味が感じられる点が特徴です。江戸末期に盛岡城下で生まれた絵暦「南部絵暦」をモチーフにしたパッケージもユニークで、盛岡土産にぴったりです。