薫山(くんざん)工房

薫山工房の創業者、浅田薫(初代:薫山)は明治37年、盛岡市に生まれました。鈴木越前守縫殿藤原家綱の流れを持つ鈴木主善堂(鈴木久太郎)に弟子入りし、昭和12年独立、大沢川原小路に工房を構えたのが『薫山工房』の始まりです。現在は、盛岡手づくり村内に工房を構え、三代目薫山・佐々木和夫が確かな技術を今に伝えています。手づくり村では、窓越しに鉄瓶の制作風景を見学することができます。