光原社

大正13年、宮沢賢治の「イーハトヴ童話 注文の多い料理店」を発行する出版社として誕生。その後、民藝運動の提唱者・柳宗悦との縁により、国内外の民工芸品を扱う工芸品店に。本店奥の中庭には喫茶店「可否館」や賢治関係の資料が並ぶ「マヂエル館」などがあり、これら民芸建築の建物群も必見です。